色白女子が男にモテる理由とは!?方法も解説!

色白の女性のイメージは、細くてか弱そうというイメージが強いです。

これは理想の女性が、色白で体型が細くて守ってあげたいという、昔からのイメージが色濃く残っていることから、現在の男性でもモテる女性の印象として挙げられています。

色白女子がモテる理由

儚さを感じさせるイメージ

儚い女性というと、色白だけではなく体型が細く、パッと見た感じ薄いガラスのように脆い印象があります。

本当に弱弱しい女性もいますが、中には見た目が儚く見えても、滅多に病気も怪我もしない頑丈な女性もいます。

しかし何も知らない男性にとっては、第一印象で相手の中味も判断することから、頑丈な女性でも儚い女性と印象を受ければ、石に躓いてよろけてしまっても、すぐに近づいて自分の体で抱えてしまうものなのです。

その為、儚く見える女性の中には、その男性の気持ちを逆手にとって、さりげなさを演出すると、相手をコロッとだませてモテてしまうのです。

 

病弱そうで守ってあげたくなる

肌の色が白いほど、健康的に感じなくなります。

体の線が細いほど病弱な人と見られてしまい、父性本能が強いほど、守ってあげたいという気持ちが増してきます。 

中には、通常の人よりも病気になる回数が多かったり、貧血ぎみという人もいますが、人に迷惑を掛けたくない人は隠すこともあります。

ただ、好みの男性で女性を守ってあげたいタイプであれば、わざと演じることによって、相手に弱弱しい印象を与えるのです。

最近は草食系の男子もいますが、肉食系の男子の中には守ってあげたくなる女性は好みの人もいるので、肉食系の男子が多い飲み会では人気が高いのです。

柔らかそうな白い肌

色白で肌が柔らかそうな女性は、実は女性でも羨ましいと感じるタイプなのです。

また柔らかそうな肌の女性は、吹き出ものやニキビには縁遠く、健康そうな肌の人は多いです。

その為、バッチリメイクすることもできれば、ナチュラルメイクをすることによって、美人にも見せることもできます。

肌の弾力さがあり健康的に見えますし、着飾った感じがしないとなりますと同性にもウケがも良いことから、派手な女性が苦手な男性にとっては理想に近くモテるのです。

白い肌に黒髪が映える

黒い髪の毛は、見た目の印象で重たく感じることから、あえて茶髪にすることもあります。

ただ肌の色が白いほど、髪の毛のケアがしっかりすれば、重たく感じないので美人に見えることもあります。

男性はショートよりもロングヘアーの女性が好きな人がいますが、肌の色が白く黒髪が長いと古風な感じがしますが、知的な女性というイメージで目立たない女性でもモテることもあります。

このタイプの女性は、自分がモテることを意識していませんが、落ち着いた感じの女性が好みの人たちからは、異性として意識しているのです。

白やピンクなど可愛い服が似合う

肌の色によって、着ている洋服の色が似合う、似合わないというのが出てきます。

とくに肌の色が白いと、白やピンクの色は似合うし、フリルやリボンが付いている服装も可愛く見えます。

フリルやリボンが付いている服装に関しては、男性から見ても好みがハッキリと分かれてしまいます。

ただ、肌の色が白いほど白やピンクだけではなく、色々な服装をしても似合うことが多いことから、オシャレもしやすい分だけ、同じ感性の異性からはモテやすくなります。

本能的な理由でモテる

肌の色が白く体型が細い女性は、儚いや病弱的なイメージがします。

とくに美人なほど昔から美人薄命という言葉もあることから、男性にとっては守ってあげたいという、気持ちになってしまいます。

これは男性でなくても、女性も同じようになることから、本能的にも守ってしまいたくなるのです。

とくに父性愛が強いタイプは、本人が意識していなくても美人薄命タイプの女性がいると、世話を焼きがちになってしまいます。

女性側の中には、小さい頃からこの様にされることが多いこともあります。

その為、自分がモテるという意識もなければ、当たり前に感じることもあるので、自然にこうなってしまったという考えが強いです。

これで解決!色白女子になる方法

肌が暗く見えるのはくすみが原因です。

血行がわるくなると透明感が失われてしまいます。

血行を良くする方法として乾燥肌の改善、ストレス疲れの解消、睡眠不足を解消などがあげられます。

そして1番の天敵が紫外線です。

紫外線ケアをしっかりして肌に与えるダメージを解消しましょう。

日焼け止めをこまめに塗る

日焼け止めは家にいるとつい忘れてしまいがちですが、洗濯物を干したり、窓際を掃除したりと家にいても紫外線のダメージは受けていることが多いです。

朝起きたらUV対策をしっかりとしましょう。

また、汗をかいたり長時間の外出時には日焼け止めは取れてしまうので、1日2~3時間おきに何度もこまめに塗ることをお勧めします。

美肌のために美白パックを使う

美肌を保つためにはパックが有効的です。

特に美白用のマスクシートは時間が無いときでも簡単に使用できるのでお勧めですが種類が豊富で迷ってしまいますよね。

そんなときは美白効果が高い成分である「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」「プラセンタエキス」などメラニン成分を抑えてくれるものを選びましょう。

メラニンが肌にたまるとくすみの原因となります。

100%UVカットの日傘をつかう

100%UVカットできる遮光の日傘があります。

可愛い装飾がされている日傘はUV機能が低下してしまうので、美白の為にはオシャレやカラフルなもの、刺繍がされているものよりはしっかりとUVカットできるタイプの日傘をおすすめします。

また、日傘をさしたからといって安心することなくUVの日焼け止めを塗ったりや帽子を被るなどの対策をすると効果があがります。

美白成分が含まれている化粧品を使う

美しい透明感の肌をつくるためには日常的に肌をケアすることが大切です。

高保湿化粧水という美白有効成分が配合された化粧水もありますが、美白化粧品の中でも使っていただきたいのが美容液です。

中でも「ビタミンC誘導体」や「アルブチン」など美白に良い成分が含まれている美白用の美容液はくすみやしみを抑える効果があります。

美白効果のある食材を食べる

身体の中からきれいにするためには、食べるものにも拘りを持つと美肌効果が高くなります。

美白効果がある食材とは、なんといってもアセロラやレモン、赤ピーマンなどに多く含まれるビタミンCです。

しみやそばかす抑制してくれます。

アボガドに多く含まれるビタミンEも美白には有効な食材です。肌の老化を抑えてくれます。

トマトに多く含まれるリコピンとは血行を良くしたり抗酸化作用があるため肌を整えてくれます。

さらに美白サプリを使う

くすみのない美白肌を保つには美白サプリが効果的。

美白を意識するときに欠かせないのがビタミンCです。

食事では1日に必要な成分をなかなか摂取するのは難しいことですが、毎日欠かさずに飲むことで紫外線で受けたダメージ肌の大敵である活性酸素を取り除いてくれます。

サプリメントは飲んですぐ効果が出るものではないので、長期的に摂取することが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする